下流老人の戯言

無意味に毎日を過ごしてもいいのだ。

高齢者と携帯

ほとんど誰とも交流のない老人生活でした。
なのに、子どもは三人います。
みんなどうにか大人になったけど。
わたしが大人に育てたのではなく、各自大人に成長した。
無事に成長してくれたという感謝の気持ですが。

先日ネットのADSLを停止して、中古のモバイルルーターを使っている。
それに格安SIMで運用すると、これまでと違い、うんと安上がりになった。
同時に固定電話も廃止したので、電話代も必要なくなった。
それまで使っていたと言うか、ほとんど使われてなかった携帯。
その携帯は、待受専用のプリペイド携帯でした。
年間3000円で済ませるような携帯です。
でも近頃たまにだけど、発信の必要もでてきた。

これまでは、そうゆう時はコンビニに行きます。
そして3000円でチャージしなければならなかった。
と言うことは、月1500円の支出になる。
ほとんどが、使いきれずに2ヶ月が過ぎると、捨てることになっていた。

このムダをどうにかしたい。
そのうち、3Gは使えなくなるし。
なんかいい方法はないかと探していました。

いま自分が使っている、キャリアにつながっていないWifi専用スマホ
これを有効に使い回せないか。
そしてたどり着いたのが、Povo2.0にしようということです。

早速今日、店舗に行ってMNPの予約番号をもらってきました。
うちに帰ってきてから、アプリで手続きするも最初はハネられた。
2回めにやっと受け付けられたみたいです。
あの、自分の顔の写真、上向いたり右向いたりあのへんでハネられたのかな。
老眼鏡を外して、やぶにらみしながらシャッターを押すのって難しい。

Povoの良いところは、使わなければほとんど金がかからないことです。
3Gのプリペイド携帯の待受電話のあとはこれに決まりでしょう。

データーの利用では、今のプリペイドルーターを使えばいい。
電話は待ち受けだけなら無料だし。
でもたまには、発信しなければならないことも出てくる。
そんな時は、このPovoで電話すればいい。
ざっと計算した結果、180日で15分の電話発信があればクリアできるらしい。
180日間になんのトッピングや利用実績がないと止められる恐れがあるらしい。

でも半年で15分ぐらいは電話するでしょう、この孤独な爺さんでも。
もし使わない時は半年で220円のトッピングをすればいい。
年間、440円で済ませることだってできる。
今日はアプリで手続きを済ませたので、あとはSIMの到着を待つのみ。
これで普通のひとの使っている携帯電話に近い常識人間に近づけるのかな。

ということで、SIMの届くのを首を長くしてまっています。