下り坂が楽しい

人生を折り返して、下り坂も終わりに近い爺の戯れ言

基本ソフトのバージョンアップ

今日の敬老の日は基本ソフトをバージョンアップしました。
一時間以上かかったけど無事終わりました。
これまで、Ubuntu20.04から22.04になりました。
これから少しずつ、勉強してゆこうと思います。

Googleもこんな間違いをするんですね。
敬老の日勤労感謝の日になっていましたよ。
まさか、わざとじゃなのいでしょうけど。

間違いは起こる、どんなに信頼が置けるものでも。
国だって、政府だって、大統領だって、総理大臣だって。
間違いだけではなくて、恣意的に嘘をつくことだってありますよ。
人々を誘導するためには、何だってありうる。
ひょっとすると、そっちのほうが多かったりするかもです。

特に、多くの人が影響を受ける媒体が危なかったりします。
まずは、疑ってみないと真実には近づけない。
時代を追うごとに、巧妙になってきているから。
フィッシングなんて、とても良くできているし。

人を見たらドロボーと思え、そんな世の中です。
田舎の児童たちは、向こうからあいさつをします。
でも、都会の児童は声をかけられたら逃げなさい。
田舎では、声掛けは信頼のためなのに、都会では声掛け事案発生で警察が注意を呼びかける。
人間を狭い空間にたくさん集めると、効率は上がるけど、良くないのではないか。
国土空間に小グループが均等に広がる仕組をつくることが必要になると思う。
人類の未来に、そんな社会が訪れるのでしょうか。