前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

簡単で具体的なやりたいこと。

外に出てから、無料でネットにアクセスしてブログの更新です。

パソコンを外に持ち出してみました。
安いおもちゃみたいなノーとパソコンを安くオークションで手に入れました。
このパソコンは、ただ文章を書いて保存するだけのものに限定しました。
電源は車のシガーソケットから貰います。

でも時々このパソコンは駄々をこねます。
時々モニターが真っ暗になります。
明るいところでよく見ると薄ーく画面は見えていますので、バックライトのせいだとわかりました。
その時は画面を閉じて数秒待ってから開けると復旧します。
親の手を手凝らせるほど可愛いと言うではないですか。
どうやら、そんな感じかもしれません。

OSはXPですけどネットにつないでないので、このままずっと使うつもりです。
この世にワープロと言うものが現れたころに比べたら凄いことです。
あのころワープロ専用機なるものがありました。
貧弱なモニターのノートパソコンのようなものにプリンターがくっ付いていました。
あの時代に比べたら、今は天国です。

今の僕と同じ車種は近頃めったに見かけなくなりました。
僕が新車で手に入れたこの車は10年間モデルチェンジをしていませんでした。
でもそのころは、新しいモデルの車が発売になった始まり。
でもあえて、その10年間不動のモデルを手にしました。
その理由は、10年間こだわり続けた車なら安心できると思ったのです。
だから今はめったに同じモデルは目にしなくなりました。

走行距離はすでに15万キロを越えています。
正月で娘が帰省してきたあと、帰るとき切符が取れなかったのでこの車で送ることにしました。
果たして、高速道路を往復6時間ぐらい休むことなく走ることができるだろうか。
そんな心配をしながら時速100キロで走ったのですが、あっさり走ってくれました。

まず日本の車の性能の高さに驚きました。
そしてなお、この車に愛着が湧いてきました。
まだまだ、大切に大事に乗ってあげようと思いました。

では、この文章をコンビニのWiFiからUpします。
初めての挑戦です。

広告を非表示にする