前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

永久機関

f:id:unzuru:20131205143735j:plain
朝起きてすぐウォーキングを始めた。
すると、体がほっかほっかになり、寒さに勝てた。
それに一日の運動はこれで済ませたことになる。
それからは一日中パソコンの前に座っていてもいい。
仕事も無くなったし、誰かが文句を言うわけじゃない。
次にやることは、認定日が来たらハロワに行って来るだけ。
認定日と認定日の間に2回以上の求職活動をすること。
でもこれで90日を過ぎたら収入が途絶える。
そうなったら後は、ロボットを手に入れよう。

ロボットに働いてもらって、食わせてもらおう。
安くで手に入るロボットはヤフオクに無いだろうか。
誰もがこれで勤労の義務から解放される。
もうそろそろ誰かが始めてもいいときだ。

そういえば、むかし永久機関を考えた人がいた。
どんな小さな機関でも、それをたくさん並べると永久に動力が得られる。
その動力でエネルギーを作り、売り出せば金になる。
人はもう何もしなくても金が入る。
不労所得みたいなものか。

この資本主義社会では、すでに大金を持った人は始めている。
金と言う永久機関を手にしている。
でもね、一部の人だけじゃなくみんなが手にできたらいいじゃない。
そうすれば、イデオロギーの対立もなくなるし、戦争もなくなるはず。
国境も無くなれば、航空識別圏も要らなくなる。
原発も、原爆も、ミサイルも、戦闘機も、空母も原潜もいらなくなる。

早く誰かがそんなシステムを作ってください。
その人にはすぐにノーベル賞をあげます。
これだけ頭のいい人があふれたこの地球。
きっとそのうち、誰かが作ってくれるはず。
そこのシステムエンジニアさん。
おねげーしますだ。

広告を非表示にする