読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前期高齢者になった男の戯言

死別で子供3人のシングルパパを経て前期高齢者になった男の日常

メダカ

久しぶりに睡蓮鉢のメダカを見た。 たぶん、7.8匹は残っていたと思っていたが、数えてみたら5匹に減っていた。 残りの2.3匹はどうなったのだろうか。 メダカを買ってみてわかったことの一つは、この名前の由来だった。 どうしてメダカというのか。 それは目高だから。 普通の魚はだいたい目に位置は頭の側面に有る。 しかしメダカは頭の上の方に目が付いている。 この年になるまで、そんなことも知らなかった。 幼少期にめだかの学校の歌も習ったのに。 その名の由来なんて疑問に思ったこともなかった。

メダカは人になつかない。 睡蓮鉢を覗くと、どこにもメダカはいない。 そこで、根比べしながらずっと動かずに睡蓮鉢の横に座ります。 すると、警戒しながら一匹が様子をうかがいに出てきます。 それでも身動きもせずに待っていると、次のメダカが姿を表します。 そして、やっと数えることが出来た5匹のメダカでした。

一匹につき、必要な水の量は1リットルと教えられた。 だから、5匹ということは5リットルの水の量が必要だ。 たぶん居なくなったメダカは、その環境に淘汰されたのだろうか? だったら、これ以上買ってこずにこの冬を乗り切ってみます。

どんな小さな命でも、それを飼うにはそれなりの覚悟が必要だ。 出来るなら、猫や犬を飼いたいけど、私にはその資格はない。 来年まで、この5匹を大事に育ててみます。 育てると言っても、ただほっとくだけですが。 ときどき、蒸発した水を継ぎ足すぐらい。 怠け者にふさわしい遊びですから。

広告を非表示にする