読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前期高齢者になった男の戯言

死別で子供3人のシングルパパを経て前期高齢者になった男の日常

朝ごはん


今日の朝ごはん。
ご飯はマイタケと人参の炊き込みごはん。
みそ汁は、豆腐とワカメ。
残った豆腐に梅干を乗せました。
白菜の白和え。
早朝ウオーキングをを終えてからおいしくいただきました。

また政治と金の話が出ています。
企業・団体献金はいつの間にか、復活していました。
国会でいくら上手な話をしても、やっていることが異なります。
私は一時、国民健康保険が支払えない時がありました。
子供三人と自分と合わせて4人分の健康保険料。
子供の入学金や、給食費、制服や文房具が必要となるため少し蓄えていました。
郵便局に50万円の貯金をしていました。
でもある日、その貯金を差し押さえれれてしまいました。
市役所に掛け合ったのですが、全額保険料として取られてしまいました。

子供たちを病院に連れて行っても、健康保険の期限が切れていました。
国民皆保険から、漏れていた家族でした。
政権交代があって、健康保険の支払いが困難な家庭がある。
せめて、子供だけでも保険証を発行しようということになりました。
男一人で三人の子供を育てながら、新制度で助けられました。

自民党政権では、父子家庭は一般的に収入が母子家庭より多い。
そうゆう理由から、児童扶養手当は支給されませんでした。
戦後長い間、その制度は変わりませんでした。

福祉をないがしろにする政党には、いまだに拒否感がぬぐえません。
そんな政党に、批判することもせずに一緒になっている政党も嫌いです。
昔は是々非々で、判断していた政治ですが、今は決まっています。
はっきりと自分の主義主張が決まりました。
反面教師として、今の政権政党に感謝することにします。

f:id:unzuru:20160122141644j:plain

広告を非表示にする