前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

またもや爺の戯言

今日はこれまで行ったことのない近場の道の駅に行ってきました。
片道50キロぐらいだったのかな。
はっきりとメーターの記録をとっていません。
いつもの原付き2種のスクーターです。

出発する前にガソリンスタンドで満タンにしていきました。
帰ってから燃費を計算したら44キロ/リットル。
いつもながら大したものです。

底辺の生活者にとってはありがたい経済的な数値です。
何枚か写真も撮ったのですが、まだデジカメの中にあります。
時間が余ったので、そこから引き返して、図書館に寄って本を乱読してきました。
いま面白く読んでいる本は向田邦子のエッセイです。
短い文章ですが、楽しめて含蓄がああります。

彼女は、台湾の航空機事故で亡くなったと記憶しています。
彼女のエッセイを読んでいると、結構海外旅行に出かけておられたようです。
だから確率的に、運悪く航空機の事故に遭遇してしまったのでしょうか。

でも聞いた話によると、交通事故より航空機事故のほうが確率は低いとのこと。
期せずして坂本九さんのことも思い出してしまいました。
お二人共、事故に遭遇してどれほど怖い思いをされたことでしょう。
お二人だけではなく、搭乗者みんながそうなのですが。

畳やベッドの上で寿命としての死を迎える人。
様々な事故や戦争等で死に直面する人。
自分で自分の命を断つ人。
いろんな死があるけど、穏やかに眠るように死を迎えたい。
誰もがそう思うのは間違いないのでしょうけど。
誰も先のことはわからない。

こうして田舎に住んで、ひっそりとひとり永らえることも悪くないのかもしれない。

広告を非表示にする