前期高齢者でヤモメの下流老人の戯言

申し訳ありませんm(_ _)mペコリ、こんなブログで。

夏は暑いに決まっている。

今週のお題「2013 日本の夏」

暑ければ暑いほど夏らしいのだ。

昔は暑さで人が死ぬなんてことは無かった。

みんな暑さに強かった。

今の人間は堕落している。

風鈴を下げて、ヨシズを立てて行水をするのだ。

それが日本の夏なんだから。

心頭滅却すれば火もまた涼しいというではないか。

昔、若いころこのおじさんはクーラーなるものも扇風機なるものも使わずに夏を何回かすごした。

そのときは、体に濡れタオルを巻いて眠った。

朝を迎えるとそのタオルが完全に乾いていた。

早い話が、理科で習った気化熱を利用したわけだ。

体から発する熱を運動エネルギーに変えたというわけだ。

窮すれば通ずと言うことでもある。

いまの若者はやはり老人を大切にせにゃいかんのう。

 

広告を非表示にする