前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

大阪市立桜宮高校の男子バスケットボール部主将だった2年の男子生徒が体罰後に自殺した問題

ちょっとテーマが長すぎましたか。

たしかに僕らの小さい頃は、ほとんどの先生が暴力教師でした。

暴力を振るう先生が、熱血先生だと父兄には見えていたようなところもあった。

でも、生徒はそれどころじゃない。

そんなに悪いことをしたわけでもないのに、叩かれる。

自分の責任でもないことで叩かれる。

一人が怒られても、全体責任だといってみんなが叩かれる。

中学生の頃になると、色気も出てくる年頃。

好きな女子生徒の目の前で、叩かれる。

そこまで叩かれるのなら、叩かれてやろうじゃないかという気持ちになる。

じゃあ、叩いても叩いても悪い方向に行ってやろう、そうすれば叩くことの無意味に気づくだろう。

そう思って、より一層勉強もしなかったから、成績も落ちた。

とことん落としてやろうと、わかる問題でも書かなかった。

何十年もたった今、教師を慕う気持ちなんてこれっポチもない。

同窓会なんて、糞食らえだ。

どんなに著名で立派だと世間の評価の高い人でも、暴力を肯定する人はもう無理。

いくら小さな暴力だとしても、許すことはできなくなってしまった自分がいる。