前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

変化

blogos.com

僕は3人の子の父子家庭でした。
そのころは、父子家庭の子供には児童扶養手当は支給されませんでした。
母子家庭の子供には支給されていました。
ずっと変わらない政党は、その理由をこう言っていました。
どちらかというと、母子より父子のほうは報酬がおおいから。
たぶん、そのほかにも父子は再婚して家系を保つように。
そんな意図があったのかもしれません。
父子でも育児をするためには失業もします。
当時の政党は、変わることなどありませんでした。
既得権益でどっぷりぬるま湯に浸っていました。
そして、そのあと政権は変わったのです。
すると、あっという間に父子家庭への児童手当の支給も決まりました。
男だからとか、女だからで政治を行わずに、困った人かどうかで判断する。
当たり前のことが、やっと実現しました。
でも、僕には少し遅かった。

だから、変化は必要です。
物事を同じ方向からずっと見ても違いに気づきません。
ある時は、後ろに回ってみるとか、下から見てみるとかしないとわかりません。
変化は力を与えてくれるのです。

 

 

 

 

広告を非表示にする