前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

旅の計画

そうだ、一泊だけの一人旅に出かけよう。
ノートパソコンを一台持って。
ビジネスホテルに泊まろう。

確かこの前に旅行をしたのは20数年前のことだったはず。
まだカミさんが生きていたころ。
長男がよちよち歩きの頃、京都に行った。
長男に小さな、かわいいリュックを背負わせて家族三人で行った。

修学旅行の女学生が長男を見て、カワイイと言ってくれた。
清水寺に続く御影石の階段のところだった。
僕の人生で一番幸せな頃だった。

この連休が過ぎて、あまり誰も出かけなくなった頃合いを探そう。
そして、どこかに行ってみよう。
静かなところ。
時間が止まったようなところ。

どこかで弁当を買って、ホテルの部屋で食べよう。
そのまえに、焼酎の小瓶を買って弁当のおかずをつまみにしよう。
ほろ酔い加減になったら、ベッドに入って横になろう。

いや、ちょっと待って。
せっかく知らない街に来たのだから。
地元の人が買い物するスーパーに行こう。
そして、その地元にしかない惣菜を買ってホテルに帰ろう。
それが今夜の晩酌と夕食だ。

そして、朝目を覚ます。
ホテルの朝食バイキングをゆっくり時間をかけて食べよう。
チェックアウトしたら、すでに帰りたい気持ちが大部分を占めている気がする。

でも、まだ決めかねているのが、バイクで行くか、電車で行くかだ。
雨の中をバイクで走るのは危険だし苦痛だから。
晴天が続く日を選べばいいかも。
でも迷っている。

広告を非表示にする