前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

父子家庭の遺族年金

平成26年3月まで、遺族基礎年金を受給できるのは「子供のいる妻」か「子供」に限られていました。夫は受給できなかったわけですが、この男女差を解消するため、「子供のいる妻」が「子供のいる配偶者」に変更され、父子家庭も受給できるようになりました。

☆ただし、実施日以降に該当した場合に限りますので、実施日前に既に父子家庭であった場合には、遺族基礎年金は受給できません。

なお、遺族厚生年金は従来と同様、子供のいない夫も受給できますが、年齢条件があります。


私は十数年前に家内を失いました。
当時3人の乳飲み子を含めた乳幼児がいました。
長年働いてきていた職場も閉鎖になり失業しました。

あれから十数年が立ち、乳飲み子だった子もこの春、高校を卒業することになりました。
これまでよく頑張ってきたものだと思っています。

誰もそんなことを言ってはくれませんが。
そろそろ自分のために生きてもいい時が来たのかもしれません。

金はないけど、自由な時間は増えると思います。
さて何から始めたらいいのかな。

今の仕事を終えたいけど、まだまだ経済的には苦しい。
少ない給金だけど、これがなければ生きて行けない。
ということは、やっぱり自分のために自由に生きるのも難しいものだ。

広告を非表示にする