読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前期高齢者になった男の戯言

死別で子供3人のシングルパパを経て前期高齢者になった男の日常

水筒の水

東京都知事になりたい人がいっぱいおられますね。
崖から飛び降りるぐらいの覚悟もいるみたい。
でも、都知事の仕事は週2.3日出てくれば済むような仕事らしいですね。
あとは、欲を出さずに普通に、良識のあるお金の使い方をすればいいのではないでしょうか。
日本人独特の、つつがなく任期を終えたら、莫大な報酬が待っている。
いったい都知事になって何をしようとするんでしょうか。
だれもが都知事になりたいと宣言していますが、公約の話は全くと言って出てきませんね。
何をやるかではなく、そのポストが欲しいということでしょうか。
たぶん大きな苦労をせずに、大きな報酬が待っているといううま味を狙っているのかな。

今日は暑いです。
うちのエアコンは壊れたままです。
最初から要らなかったのですが、親戚がそうゆう仕事をしているから付けたのです。
でも、子育て中でもほとんど使いませんでした。
育児にはエアコンは要りません。
小さいころに冷房を使うと、皮膚の汗腺の数が少なくなって成長すると聞きました。
本当かどうか詳しくは知りませんが。
なので、数回ぐらいしかスイッチを入れませんでした。
そして気が付いたら、ルーバーのところが空いたまま動かなくなっていました。
いまはそのまま、電源ブレーカーを下したままです。

若いころは、濡れタオルを体に巻いて過ごしていたこともあります。
下着も少し濡らして身に着けていると涼しいです。
そのうち気が付くと乾いています。
水分補給は氷水が一番です。
なんせ、カロリーゼロの飲料が蛇口から出てきます。
氷で冷たいだけで贅沢です。

むかし、山を歩いていたころの水のおいしさが蘇ります。
あの、でこぼこになったマルキルの水筒の水がどれほどうまかったか。
懐かしいです。

 

広告を非表示にする