下流老人の戯言

近頃感じるのは、晩節を汚す人がとても多いことです。

キレイ事を言うなと言われるだろうけど。

あなたならできますか、いくら仕事といえども。
一月のうちに16人を死刑にすることが。
私にはできません。
弱虫だからと言われてもいい。
たぶん日本は死刑廃止は無理でしょう。
何でも自己責任と言われ、強者は弱者を助ける必要はない。
そうゆう人が世界の中でも、一番多い国だとと報じていました。
あのニュースに対するコメントを読んだ時、自分が日本人であることが怖くなりました。
特攻隊という戦略が行なわれたことも、その戦いが賞賛された国であるということも。
やっぱりそうなのかという気がしました。
罪を犯したら、命で償うのは当たり前、それが被害者に対する償いであり決して許されるはずはない。
人を殺すということは殺人だけど、許された殺人が存在する。
人の命はとても大事だけど、罪を犯したらその命は虫けらと同じになる。
片方で命は大事と言いながら、片方で死刑制度が存在する。
いくら懺悔して、悔やんでも許されない。
報復する、仇をとる、目には目を、犯した罪が許されることは絶対にない。
許すということは、絶対にしない。
いくら悔やんでも、いくら謝っても殺します。
一度犯した罪は、元には戻らないから。
どんなことがあっても、国の力で殺します。
他国は、どうして死刑廃止ができたのだろうか。
日本と、日本人の考え方とどこが違うのだろうか。
宗教観なのだろうか。
一月に16人の死刑を実施できる国が美しい国なのだろうか。
自分の身内が殺されたら、許せるのか?
死刑にしたら許せるのか?
憎しみとは何なんだ。
ずっとこの国には死刑制度は残り続けるだろう。