下流老人の戯言

近頃感じるのは、晩節を汚す人がとても多いことです。

誠実さと正直さがほしい。

私がわからないのは、安倍晋三と言う人が、この国をどんな国にしようと思っているのか、ということ。
例えば、籠池氏の教育方法に夫妻で感激したとか。
明治の時代なのか、わからないが、戦前への回帰をしたがっているとか。
直接ではなく、新聞やニュースなどで聞くようなことだけど。

すべて、直接総理本人が主権者である国民に訴えないことばかり。
だから私は総理の心底を推測し、想像するしかありません。
明治の時代に人力車で生計を立てる人達がいた。
食事はご飯と梅干しという粗末な食事をしながら。
いっぽう、その人力車にふんぞり返る種類の、地位の高い層の人たちがいた。
そんな、明治の時代がいい時代だと彼には思われるのだろうか。

彼の人事を見ても、世襲の人が多い。
例えば、彼のお父さんや、おじいさんとのつながりがある人を起用したがる。
ひょっとしたら、明治の時代のように格差はあったほうがいい。
それも大きな格差が、そう思っているかも知れない。

彼の経済対策を見ても、そういうところがよく見えてくる。
でも、総理は口が裂けても言わない。
それは、国民の考えと真っ向から異なるからでしょう。
そして、自分が政権を維持するためには、自分の信念さえも隠し通します。
そうゆう狡猾なところが、透けて見えるような気がしてなりません。

見つかったら隠し通す、そのためには嘘もつく。
不利になるような記録は、決済後でも書き換え、改ざんもする。
しかし、どうゆうわけか彼の支持率は高い。
中立であるべきジャーナリストたちは、彼に呼ばれるとホイホイとついて行って一緒に食事を楽しむ。
こうして、少ない情報から見えることを集めると、段々と空恐ろしくなる。
この国の未来がどうなるのだろうかという不安。

僕には子供が3人いる。
だから未来に責任を持たないわけにゆかない。
だから、一番大事なことは平和です。
自分の子供の命が失われるようなことは、絶対に防ぎたい。
だから最優先事項が平和です。

子供のいない、もう子供に恵まれることのない総理夫妻。
彼らの最優先事項は平和ではないのではないか。
たぶん、日本の経済、外交、防衛そして、自分達の名誉が先にある。
そして、その次ぐらいに平和や人権が来るのだろうと推測する。
想像の域で思っていることだから、違うかも知れないが。
しかし、国民にほんとうのことを訴え、示さないから私は想像するしかない。

いまの中学校の道徳の教科書に、安倍総理の写真が載っているらしい。
写真を見る限り、この国のものづくりをたたえている映像だと思う。
しかし、道徳という教育の場に、自分の写真を載せてなんとも思わないのだろうか。
もっと言うと、この総理に道徳を語る資格があるのだろうかとさえ思ってしまう。
人並みに良心の呵責も感じて、罪の意識も感じ、倫理観も備わっている人。
せめて、この国のトップであるなら誠実で正直な、尊敬できる人になってほしいものです。