下流老人の戯言

近頃感じるのは、晩節を汚す人がとても多いことです。

BBC放送「日本の秘められた恥」

ひとりの日本人の男として、たぶん彼女の言っていることは正しい。
そして、日本という国は女性が被害にあったら容易に声を上げられない国である。
そして、そこにつけ込む男は卑怯で、許しがたい人間だと思う。
そして、その卑怯な人間を大きな権力者がかばうようなことがあってはならない。
この事実も、ほぼ間違いないだろう。

そして、その権力者におもねて、被害者を非難する女性の国会議員がいる。
このことも嘘ではない。

日本は恥の文化だと言われている。
その恥を利用した犯罪はまだ他にもあるだろう。
被害者のほうが権力に負けて、恥を理由に泣き寝入りしなければならない国、それがいまの日本だ。
自分が親となり、娘を持つようになると良くわかる。
娘の親になったことのない人間には、ほぼ理解できないことかも知れない。

人の性格は、自然と顔に現れる。
私は、この女性のことをほとんど知らなかった。
そして調べてみて最初に現れたのがこの写真だった。
この人の目は、とても冷たくて怖い目をしている。
今にも獲物に挑みかかろうとしている女豹のような目だ。

f:id:unzuru:20180630104130p:plain

先日、党首討論が放映された。
あの時の放送を見ていて、とても悲しい気持ちになった。
いまの日本の政治がこんなにも貧弱なものだということを感じた。
最後に、岡田氏の放った言葉がいつまでも耳の奥に残っている。
「総理あなたは、良心の呵責を感じないのですか。」
まさしくこの言葉は、私が総理に伝えたかった言葉だった。

最初に、枝野氏、そして大塚氏、岡田氏と討論に挑んだ。
この3人を見ていて、思ったのは前原氏の事だった。
前原氏が、みどりのタヌキではなく、みどりのおばさんに影響されなかったら、今頃みんな同じ党に所属していただろう。
その時は、もっと大きな政党のまま、与党に対決できただろう。
そのことに無念を感じてならない。