下流老人の戯言

近頃感じるのは、晩節を汚す人がとても多いことです。

進歩

LEDと電波時計のこと。
別に関係性はありません。
ただ、その恩恵に浸っています。


晩酌をしてから寝ると、夜中に尿意を覚えて起きます。
そうゆうときには、単三電池一個だけの小さなライトを使います。
大きな電灯はまぶしすぎるのです。
ボヤーッとした小さな明かりが目にやさしい。
そこでLEDライトを持ってトイレに行きます。
昔の懐中電灯に比べたら、電池の持ちが良すぎます。
感謝です。

 

昨日、96歳の母を老人ホームに見舞いに行きました。
車がないので、バイクにまたがって。
ちょっと梅雨の中休みを利用して走りました。
すると、老人ホームで誕生会があってこれを貰ったと言います。
四角い箱を開けてみると、電波時計、それも壁掛け式の大きな時計。
ちょうどうちの時計が壊れていたので、早速貰って掛けました。
この電波時計もすごいです。
電池を入れると、すぐに時計の針が回り出します。
それもすごい速さで。
そして12時のところに来て止まりました。
そのまま電波を受信しているようです。
数分すると、また針が動き出して正確な今の時間に来て止まりました。

 

もう、時計の針を合わせたりする必要はありません。

昭和の時代には、時計の時刻を合わせたり、ゼンマイを巻いたりする係がいた。
一番背の高い父親の仕事だったかも知れない。
父親が年をとってくると、高いところは危険だからと言って、長男らの仕事になった。

 

そう言えば、昔のパソコンは時間が正確ではなかった。
そうか、スタンドアローンだったから狂ってきたりしていた。
今のパソコンは時計を合わせる必要はない。
OSが自分でネットにアクセスして拾ってくるのでしょうか。
それともブラウザでしょうか。
詳しいことは知りません。

 

まっ、いずれにしろ時代は進んでいるのです。
私が生きているうちに、車の自動運転は普及してくるのでしょうか。
自動運転と手動運転が混在している頃に、おさらばかも知れない。
その頃はIoTとかも進んでいるだろうし。
どんな時代か、面白そうだ。