下流老人の戯言

近頃感じるのは、晩節を汚す人がとても多いことです。

原発は要らない。

原子炉という仕組みは、例えば車のエンジンのようにスイッチを切れば止まる仕組みではないのです。

スイッチを切っても他からのエネルギーを必要とします。

そして、他からのエネルギーが途絶えるとメルトダウンを起こし、チェルノブイリ事故や福島原発事故のようになるのです。

 

エネルギーを生み出す装置として、危険なときはスイッチを切れば済むわけではないということ。

このことをみんなは知りません。

原発ができる前までは、発電というものは普通に出来ていました。

なんの危険性もなく。

難しい仕組みは必要なかった。

 

ところが原発という仕組みを導入してから、たかが発電のためなのに信じられない莫大な危険を負うことになった。

いまの福島原発事故の実態を知れば知るほど、日本人は過ちを犯したことが理解できます。

なのに、いまでも一切事故から学ぼうとせずに、使用期限を過ぎた原発まで動かし続けようとしています。

日本人ってこんなに愚かな国民だったのだろうか。

違います。

 

間違ったら改めることができるはずです。

原発で大きなお金や既得権が生まれていても、それを変えることはできるはずです。

もう二度と原発事故はごめんです。

そのために国民ができることは一つです。

原発に反対することです。