下流老人の戯言

近頃感じるのは、晩節を汚す人がとても多いことです。

2018年の抱負

今週のお題「2018年の抱負」

来年の抱負ですか。
もう歳だから、あまり大きな目標とかは無理だと思っています。
始めるのに遅いとか年齢とかは関係ないというけど。
なぜか、起動力がないのです。

もう長いこと生きてきた。
老化に伴う耳鳴りもするし、歯も視力も衰えてきたような気がする。
政府はもっと働けというけど、年金も少ない。
年金が少ないから働けというけど、自分の生活を切り詰めるしか無い。
だからいまは、車も手放した。
買い物はバイクを使っている。
いまのような寒い日は、外出もままならない。
雨の日は、スリップの恐れもある。
暗くなると視力も落ちているし危険だから乗らないようにしている。

あと、後期高齢者の母親の介護のために、老人ホームのお金も払わないとならない。
これでもっと働けなんて、どうゆうことなんでしょうか。
私の願いは、平和と自由と豊かさです。
なのにいまの政府は、戦争準備と不自由と格差拡大です。
どうして国民はこんな政治を求めたのか、理解できません。

今年の一番の抱負が見つかりました。
それは安倍政権が終わることです。
それしかありません。