下流老人の戯言

近頃感じるのは、晩節を汚す人がとても多いことです。

ネット通販が変だ。

近頃インターネットでものを買っても早くなくなった。

先日寒いので、電気毛布の簡易なものを注文しました。

しかし、注文しても一向に連絡がきません。

入金を確認しましたとか、商品を探していますとか。

その後に、連絡が途絶えます。

そして忘れた頃に、入金から計算すると、二十日以上かかるとのメールが届きました。

これは、商品の選び方が悪かったのか、私が優遇されない消費者だったのかわかりませんが。

これまで早すぎる配達に、申し訳ない気持ちもありました。

しかし、配達遅延に対しては何も前もって知らされません。

いつもの通りの時間がかかるつもりで、注文してもその商品は二十数日かかります。

それがわかるのは、注文してから一週間ぐらい経ってからです。

あまりにも早く届かなくてもいいから、5日ぐらいのうちには、届いてほしいものです。

それと、その納期にかかる時間は注文時にわかるようにして欲しいです。

日本の流通の素晴らしさに感動していた者にとっては、そのギャップに驚きます。

極端に早くなくてもいいのです。

普通でいいのですけどね。