前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

方針転換

気がついたらいつの間にか、老人になっていた。
まるで、浦島太郎のように箱を開けてみたら煙に巻かれて、老いてしまった。
三人の幼子を男がひとりで育ててきた。
子育て途中のことは、殆ど何も覚えていないほど必死だった。
そして子供が大きくなった今、浦島太郎は禁断の箱を開けてしまった。
ではこれから、この老人はどうすればいいのだろうか?

一つはハローワークに行って仕事を探す。
もう一つはシルバー人材センターに登録して仕事を探す。
そして、最後はボランティアを始める。

だいたいこの3つの選択肢が見つかった。
最初のハローワークだけど、まず高齢者にふさわしい仕事はまず見つからないだろう。
でも、昔あったように、職業訓練を受けて報酬を得られないだろうか?
今はそんな仕組みはなくなったのだろうか?
調べて見る価値はあるかもしれない。

二番目のシルバー人材センターだけど、ホームページを見てみたが仕事がないらしい。
もしあったとしても、ボランティアに毛が生えたぐらいの報酬になるらしい。
そして、最後のボランティアだけど、これは無報酬が当たりまえだ。
しかしその中に、介護ボランティアというものがあった。
この制度は、ボランティアをすることでポイントが貯まる。
そして、その貯まったポイントが介護保険料として使うことができるらしい。
今は介護保険料は年金から差し引かれている。
その引かれる金額が少しだけ、少なくなるというわけだ。

あとから思いついたけど、第四の手段があった。
それは、インターネットを使って利益を上げる方法である。
まずは今のようにブログを書いて、そのブログをGoogleに審査してもらう。
いわゆるグーグルアドセンスを使う方法です。
初期投資もいらないし、悪くない。
というわけで、今回はこの四番目の方法に挑戦してみようと思います。
では、これからしばらくは、この前期高齢者になった男の戯言、をもっと人の役に立つようなブログにすることが大事になってくる。
場合によっては、テーマも変えましょう。
馬鹿な男の戯言ではなく、誰かの役に立つサイトにしようと思います。
この老化した脳みそをどうすれば活性化できるのか、大変だろうなあ。

 

広告を非表示にする