前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

自国民の処罰

やはり自国民を処罰しなければならない、その処罰しなければならない数字が大きい国は悲しい国ですね。
処罰した人口で統計を取ってみたらどうでしょうか。
人口比では、やはり北朝鮮が一位なんでしょうか。
その次が中国かな。
フィリピンも多そうな感じがする。
あと、メキシコとか、ブラジルとか。
実際に統計を取っているわけではないし、それに処罰の程度も関係してくるだろうけど。

そう考えてみると、日本というこの国は、かなり優秀ないい位置にあるのではないのかな。
こうゆう長けたところは、ずっと永く続いてほしいです。
ところが、近頃なんとなく、危うい状況が見受けられてきたような気もする。
安心、安全を強化してゆくと、次第に国民を処罰の対象にしなければならないのか。
自由というものが、制約を受けなくてはならなくなるのだろうか。
平和のためには、自由も制限される。
そんな社会が訪れるのかもしれない。

ある一つの権力が永く続くと、そちらへ偏って進むことは明白だ。
軌道修正ができるのは、私達国民の力だ。
修正しないのも同じこと。
気がついたときは、泥沼に足を取られて身動きできない。
そんなことにならないように、気をつけなきゃ。

広告を非表示にする