前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

男やもめの大晦日

さて、どうして過ごしましょうか。
出演者の名前も知らないから、紅白歌合戦を見てもしょうがない。
ふざけきった、お笑い番組を見る気にもならない。
こんなことなら、もっと美味しそうなアルコールでも買っておけばよかった。
仕方ないので、いつもの安い甲種焼酎に芋焼酎を割って飲むとするか。
美味しい酒は嫌いではないけど値段が高い。
寒い冬は独りで暖かく寝るために、また、ほろ酔いを楽しむために飲んでいる。

近頃ノンアルコールが売れているみたいだけど、あれを飲む人の気持ちがわからない。
酔わない酒を飲んで何が楽しいのか、さっぱり判らない。

むかしの酒飲みは、その辺を理解していたようで昭和の頃もノンアルコールが売り出された。
しかし、昔の当時の人達には売れなかったので、その商品は自然消滅した。
そして今の時代になって、受け入れられるようになった。
僕は、夕食は取らない。
晩酌だけで済ます。

むかし働いていた頃、先輩たちが飲んでいた頃、腹減ってきたのでおにぎりを頬張っていた。
すると先輩からひどく怒られた。
まだ酒宴が続いているのに、俺達を差し置いてご飯を食べるとは、とんでもないとこっぴどく怒られた記憶があります。
今になって思うのだが、お酒は空きっ腹が美味しい。
たぶん、早く酔いが回るからだと思う。
お腹がふくらんでいると、飲みたいという欲求さえも生まれない。

このようにいつの間にか、本当の呑兵衛になってしまった。
今のところ体調を壊してもいない。
むかし、泉重千代という高齢の老人がおられた。
彼の長寿の秘密は、お酒だと本人がのたもうた。
それを聞いて、やっぱり酒は百薬の長なんだと思うことにした。
これからも、適量を永く飲み続けられたら幸いだ。

今日の大晦日も、ひとり手酌で楽しむことにしよう。

広告を非表示にする