読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前期高齢者になった男の戯言

死別で子供3人のシングルパパを経て前期高齢者になった男の日常

戯言

今朝も少し歩いてきました。
週に2回、燃えるゴミの日があります。
その日にごみ捨てを兼ねてウオーキングに出かけます。
うちから出るときはごみ捨てであっても、着替えます。
だったら、ついでに、毛糸の帽子と、手袋とマフラーを付けて歩こう。
そうゆう動機づけで、つながっています。
今朝は、空もどんよりしていたし、今にも雨が降ってきそうだったので、途中でUターンしました。
雨に濡れてまで、歩きたくはない。
帰ってきてから、血圧測定、エクセルで数値を記録、そして薬の服用。
それから、朝ごはんを食べてパソコンのブラウザを開いて子供からのメールチェック。
ほとんど届くことのない、メールチェックです。
便りのないことは、良い便りだと思って、それが毎日の日課になっています。

それから、ニュースやネットサーフィンで飛び歩いて時間つぶし。
そして、なんと無駄な時間を過ごしてしまったのかと、己を嘆きます。
ネットを使えば、たくさんの様々な勉強や学習も出来ます。
でも、なかなか続かない、そしてまた己を嘆く。
その繰り返しですね。

今日は天皇誕生日です。
世界の国には、天皇とか王様とかそれに類する位の人が存在する国と、存在しない国があります。
昔は殆どの国に、存在していたはずです。
人間が集まると、そこにピラミッドが出来ます。
そのピラミッドの頂点に位する人が最大の権力を保持します。
しかし、中には様々な考えを持った人が台頭してきて、そのことを否定します。
そして、革命が起こり頂点にいた人が引き下ろされたりします。
でも、結局はそれに代わって、また新しいピラミッドが出来ています。
それを見ていると、人間がどれほど知恵をめぐらしても、サル山のボス猿と同じことをしています。
僕は、猿が好きです。
類人猿はもっと好きです。
彼らを動物園で飼うのは、虐待に等しいと思っています。
動物園で物言わぬ彼らの目を見つめるとき、僕はごめんねと謝罪します。
あらぬ方向に、話が飛びました。
ごめんね。

このところ思うのは、結局日ロ首脳会談で喜んでいるのはロシア国民のみ。
そう思います。
殆どの日本人は、嘆いているのではないでしょうか。
北方4島はもう1島も帰ってこないでしょう。
それが確実になった首脳会談だったと思います。

このことで安倍さんを非難しているわけではありません。
時間は非情です。
この非情な時間がそれを決めてしまったのです。

あと、アメリカ大統領について。
トランプ氏のこれからの動向によっては、何が起こるかわからない。
もし彼に騙されたんだ、そう気付いた白人労働者達が動き出したら大変なことになる。
トランプ氏の選ぶ道は、アメリカ経済界の利益に向かいます。
そのことが、労働者階級に恩恵をもたらすなら彼の人気は保てるでしょう。
しかし、経済界と労働者は向かうべきベクトルが異なります。
そのことがはっきりしてくると、やばいことになると思います。

相も変わらず戯言で失礼。

広告を非表示にする