前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

田舎に住んでいると、衣服には無頓着です。
今はほとんど、子供達が残した服を着ています。
しかし、残念ながら、ウエストがあわない。
それに、股下も長すぎます。
でも、もったいないという悲しい性から捨てるには忍びない。
裾を折り曲げて着ています。

たまには自分の好きな格好もしたい。
しかし、それが客観的に見て、ダサいのかどうか自分にはわからない。
いまさら、格好にこだわる歳じゃあるまいに。
でも、今の時代、外見のほうが大事と言うしね。

前回、もう今年はこれで買物納めと思ったけど。
またネットで買いました。

コーヂュロイの裏が暖かいズボンを。
これなら、バイクで走っても大丈夫なんじゃないかと、そう思って、

しかしこの寒さの中で、バイクで走るのはつらいですね。
うちにいたら、ストーブでぬくぬくと過ごせますからね。
どうしても、食糧が不足したら動き出しますけど。
春がまちどうしい。
えっ、まだまだ早すぎますね。
でもいつか、春がくるのは確実ですね。
生きている限りは。

 

広告を非表示にする