前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

行く年、来る年。

今年も残すところ僅かになってきました。
今年一番の出来事と言ったら、最後の3番目の子供が家を出ていって、僕一人での生活が始まった。
ということでしょうか。
あとそれから、65歳になったので、年金をもらえるようになったこともかな。

それから今年の夏、長男がうちを出てから7年ぶりぐらいに僕が彼のところを訪ねる事ができたこと。
そのために、僕が20年ぶりに旅行というか、外泊をしたことかな。
そう考えてみると、今年は結構大きな節目の年になったと言えそうです。
漢字一文字で言えば、「独」孤独の独、これからこの生命を終えるまで独りで生活します。

さて来年はどんな年になるのか、ちょっと想像してみると。
長男の就職、不登校が2年も続いて、1年留学して、修士課程まで行ったのでかなり遅れた就職になりました。
2017年は、どうにか3人の子供が自立し始める、新しい年になりそうです。

これからは、僕は自分のためだけに生きていいですか?
天国の母さん。
あなたの産んだ3人の子供たちが、そこから見えますか?
これで僕を許してもらえますか?
それとも厚かましいですか?
天国でお義母さんとも会えましたか?
僕は、しばらくは、地上で独りを楽しみます。
子供の成長を眺めながらね。

広告を非表示にする