読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前期高齢者になった男の戯言

死別で子供3人のシングルパパを経て前期高齢者になった男の日常

カーリースの続き

カーリースの続きです。
リース屋さんから車について情報をいただきました。
予想していない車種でした。
ネットで調べても、人気のない燃費のあまり良くない車種でした。
それに、納期が来年になるとのこと。
安い、早い、あと一つなんだったっけ、リースの売り言葉は。
早くないじゃないか!プンプン。

ということで、早速断りのメールを送りました。
もし、今年中に納車できて、違う車種を提案ください。
可能なら、継続してリース契約の進展を図りましょう。
だいたいそのようなことをメールで送りました。
今日は祭日ですので、明日頃またメールが返ってきますでしょうか?
現在進行形ではそのような状況です。

別にどうしても車が必要なわけでもないのです。
最悪の場合は、寒さを我慢しながらバイクで生活してもいいと思っているくらいですから。
商機というものは、我慢ができなくなると逃げていってしまうのかもしれないですね。
別にいいよ、駄目なら駄目でちっとも困りませんから、そうゆう余裕が有る方が商いに勝てますね。
例えば、ノルマに追われているセールスマンはギリギリのところで交渉しなければならないと思いますし。
ノルマを達成した人は、できるだけ歩のいい、儲かる販売を目指すでしょうから。
いま見えないけど、ボールはどっちにあるのか?
そんなことを考えながら、カーリースに取り組んでみます。

営業さんごめんなさい。
でも結局マクロで俯瞰すると、最後は消費者は負けるんですけどね。

広告を非表示にする