前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

千円カット店

散髪が面倒くさい。

年をとると、食べることも、風呂も、運動も面倒くさい。
だから当然、髭剃りも散髪も面倒だ。
しかし、髪が長くなると洗髪にかける時間がかかるし、シャンプーの量も増える。
だから、ほっとくわけにもゆかない。
長髪にして後ろを結んでいる男の人や、老人を見かけたりするけど、どうなんだろう。
男やもめの自分は、お洒落をするわけじゃないので、いつも千円カット店を利用している。
しかし、この前利用した時、店員の若い兄ちゃんの態度が悪い。
この老人をからかっているように感じた。
どのくらいカットしますか、そう聞いてきたので短めにと答えた。
するとどの位の短さですか、何センチぐらいですか?
そして、よくわからない数字を幾つか並べだした。
そこで、どうでもいいので適当に数字を応えると、その数字は無いという。
適当に、数字を答えてやっとカットが始まった。
カットされながら、何故かこの私という老人を、小馬鹿にしているのかという気分になった。
よく今、切れる老人たちということを聞くけど、いまはそんな気持ちもわからないでもなかった。
今回を最後にこの店には行くまい、そう決めた。

そして、ネットで色々探してみたら、ちょっと遠いけどもう一つの床屋を見つけた。
そして今回その店を利用した。
どうしますか?店員は聞いてきた。
適当に短めに七三でカットしてください。
もう年ですから適当でいいですから。
そう私は答えた。
そして、その店舗の休日のことなども聞いたりした。
そして、最後に眉毛もカットしておきますね、そう聞いてきた。
これまで、生まれて一度も眉の手入れなんてしたことなどなかった。
少し驚いて、どうもすみませんと私は答えた。
年老いてくると、老人の眉は意外と伸びて、これが老人の証といえるほどになる。
それを整えてくれた。

同じ千円カット店でも、これほどまでに違うのか。
少し遠い場所にあるけど、次もこのお店のお世話になろうと、そう決めた。

そうだ、村山富市さんにも紹介しなきゃ!

広告を非表示にする