読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前期高齢者になった男の戯言

死別で子供3人のシングルパパを経て前期高齢者になった男の日常

つながらない。

たまにインターネットに繋がらなくなる時がある。
そんな時は、ルーターの電源を抜いてしばらくおいてから、つなぐと回復する。
今日も久しぶりにそんな作業が必要になった。
何が原因でそうなるのかはわからない。
そんなトラブルが起こるのも、数カ月に一回ぐらいの頻度だから、しかたない。
何でも、完璧さを求めても仕方ない。

むかし、テレビのコマーシャルで「いつかはクラウン」というセリフがあった。
あれは、高度成長時代だったのか。
しかし結局、僕には、クラウンは手が届かなかった。
あのころ、車はステイタスだと友人に言われた。

それから、バルブが弾けて軽自動車になって、いまは原付き2種になった。
いつの間にか、やがては原付き2種、になりました。
クラウンじゃなく、原付き2種という楽しみを得ました。
これもまた一興です。

年齢を重ねると、見えも外聞も必要としません。
人によっては、それにしがみついている人もいますが。
そんな様子を見ていると、あわれにも見えます。

ある程度、老いたら、気づきたいものです。
いつまでも、ものが欲しい人は、好きなだけ頑張ればいい。
それも自由だから。


広告を非表示にする