前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

夢見る仕事

次の仕事はなにがいいかな。
すでに働くことを放棄している非国民ですけど。

いまは無職だけど、何か空想の仕事に就いてみたい。

例えば、樵 木こりなんていいひびきの職業だと思う。
いまの日本の中に、職業欄に樵と書ける人は何人ぐらいいるのかな。
ホテルのフロントで、樵と書いたらホテルマンはどんな顔をするだろうか。
童話や昔話やポエムの世界を思い出すのかな。

他の職業は、猟師とか狩人とかはどうかな。
風体も少し、ひげを蓄えたり毛皮のものをまとったりして。
どこでも座れるように、おしりに毛皮をぶら下げるとか。
いかにも猟師ですって雰囲気だけど、たぶん体格も大柄のほうがいいと思うけど。

あと憧れる職業といえば、画家なんていいなぁ。
もうひとつは、詩人もいいなぁ。
どれもいまさら収入を得ることはできないだろうけど。

羊飼いなんて言う職業も憧れますね。
そういえば、ロバを一匹飼ってみたいですね。
そして、ロバの背中に乗って移動したい。
移動手段はロバです。
近くのスーパーに買い物に行って、買ったものはロバの背中にくくりつけて帰宅したい。
憧れます。
今日はこどもの日だから、子供みたいな空想をしてみました。

広告を非表示にする