読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前期高齢者になった男の戯言

死別で子供3人のシングルパパを経て前期高齢者になった男の日常

摂生

一喜一憂している。
血圧計の数値にだ。

先日、病院に行ってきた。
きっかけは、なんだろう。
一度、視力の中に乱れを感じた。
そういえば、一年ぐらい前にも同じ異常を感じたことがある。
原因はわからないが、しばらくするとその症状は消えていた。

何年か前に、手首で計れる血圧計を買った。
久しぶりに、測ってみたら180もあった。
これは、一度病院に行っていたほうがいいだろう。
そう思っていたけど、踏ん切りがつかなかった。
でも、それとなく意を決して行ってみた。

そのときも、上が180もあった。
医者から、心電図とレントゲンも撮ってみましょう、そう言われ従った。
レントゲンは心臓の肥大を調べるためらしい。
高血圧が原因で、心臓が大きくなることもあるとのこと。
これに関しては、以上はないと言われた。

ただ心電図に、過去のデーターと比べると少し振幅の大きいところが見受けられる。
とりあえずは、薬を処方するので続けてください。
ということで、ほぼ毎日血圧の数値を測定している。

高血圧症に対しては、薬と、食事と、運動と、ストレスを注意すればいい。
喫煙はもう若い頃に辞めたので、対象とならない。
ただ、問題として飲酒がある。
これまで長い間、飲酒をしながら夕食を作る習慣が身についていた。
子どもたち3人に、毎日夕食を作りながら続けてきた。
そしていつの間にか、食事を作り終えて酩酊状態で就寝してきていた。
この習慣が良くなかったのだろう。

近頃は、よく朝、昨夜の飲酒の量が把握できないくらいだった。
そこで、高血圧対策と同時に節酒することにした。
すると、血圧も下がってきたし、体調も体型も改善してきた。
やっぱり、大きな要因はお酒でした。

親父の寿命まで、あと十数年。
それまで、いやそれ以上長生きするために摂生を続けよう。

広告を非表示にする