読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前期高齢者になった男の戯言

死別で子供3人のシングルパパを経て前期高齢者になった男の日常

世界のお金。

お金をたくさん持った人は、どうしてそのお金を守ろうか。
どうしたら、タックスヘイブンを使って隠そうか。
だれにも、見つからないように、いろいろ苦労しているのかな。

政治的に、その国を動かしている人も本当は、自分が可愛い。
自分の血縁が可愛い。
その国のためにと言っていたけど、最後は自分の身内が可愛い。
これが本当の人間なのでしょう。
いくら権力をひけらかしても、しょせん、人は弱いもの。

お金をたくさん持った人は、どうしてそのお金を守ろうか。
どうしたら、タックスヘイブンを使って隠そうか。
だれにも、見つからないように、いろいろ苦労しているのかな。

政治的に、その国を動かしている人も本当は、自分が可愛い。
自分の血縁が可愛い。
その国のためにと言っていたけど、最後は自分の身内が可愛い。
これが本当の人間なのでしょう。
いくら権力をひけらかしても、しょせん、人は弱いもの。

最終的には、自分の身内のことにしか考えが及ばない。
政治とは、そんな仕組みでしかない。

ときどき、それに当てはまらない指導者も出てくる。
そんな人は、歴史に残る。
今のこの国に、そんな人は幾ら探しても見当たらない。
それが幸せなのか、悲しむべきことなのか。
世の中が大きく変化を求めるときに、きっと生まれるのかもしれない。

平和ボケの時代には、その時代似合った政治しか生まれない。
これは仕方のないことなのだろう。


最終的には、自分の身内のことにしか考えが及ばない。
政治とは、そんな仕組みでしかない。

ときどき、それに当てはまらない指導者も出てくる。
そんな人は、歴史に残る。
今のこの国に、そんな人は幾ら探しても見当たらない。
それが幸せなのか、悲しむべきことなのか。
世の中がお大きく変化を求めるときに、きっと生まれるのかもしれない。

平和ボケの時代には、その時代似合った政治しか生まれない。
これは仕方のないことなのだろう。

広告を非表示にする