前期高齢者でヤモメの下流老人の戯言

申し訳ありませんm(_ _)mペコリ、こんなブログで。

今年の蚊対策。

f:id:unzuru:20160319102709j:plain

昨夜、じゃなくて、未明の午前2時か3時頃だった。
耳元で、蚊のブーンという羽音が聞こえた。
えっ、いったいどこからこの部屋に入ってきたのだろう。
今年最初の蚊である、お前は。

羽音が聞こえると、真っ暗な中、両手でなにも見えない空間に向かって振り払う。
しばらくすると、またブーンという羽音が近づいてきた。
またもや、同じように両手で振り払う。
まるで、戦闘機が繰り返し攻撃をしてくるかのよう。

よっぽど、起きて去年使った蚊取り線香を炊こうかと考えたけど。
しかし、睡眠欲に負けて、結局その波状攻撃に耐えることにした。

いつも思うことだけど、神様はなぜ蚊という昆虫に羽音を付けさせたのだろうか。
もしも、蚊がハエのように音もなく飛翔できたら、もっと蚊は繁栄できただろうに。
この、蚊が羽音を立てるのは、進化論では立証できないのではないか。
もし進化論が正しいとするなら、今頃蚊は羽音を立てずに飛べるはずではないか。
しかし、未明の僕は、その進化論が成り立たない現象で救われたわけだけど。
早速、今夜から蚊取り線香を準備することにしよう。

未明にまどろみながら、、蚊への対策を考えた。
そういえば、むかし使っていた電子蚊取り器というものがあったはず。
コンセントに差し込み、ヒーターの熱で薬品を浸せたマットを温める。
それによって、蚊の嫌がる蒸気で蚊を寄せ付けない装置だった。
でもそれって、常時電気を食っているわけだし、マットも補充する必要がある。
ちょっと不経済ではないか、そう思って止めようと思った。

その他に思いついたのが、超音波による蚊対策だった。
その装置は、人間には聞こえない高い周波数を発するもの。
たしか、その高周波によって、蚊を追い払うものだ。
でも、本当に効果があるのかもよくわからないものを、わざわざお金を出して手に入れるのもはばかれる。

じゃあ、昭和の時代に使っていた蚊帳はどうだ。
それを、ベッドの周りだけに張り巡らせてみよう。
蚊帳だったら、空気も汚れないし、環境にもいいわけだ。
ネットで探せば、たぶん見つかるかもしれない。

そう思ったが、むかし蚊帳の中で寝ていた時を思い出した。
あれはあれで、意外と空気が滞ってしまうのだ。
いくら窓を開け放っても、風が通らない。
たぶん網の目が緻密なので、空気が流れない。
あの、夏の蒸し暑い夜、蚊帳の中でうなされた記憶が蘇った。

いろいろ考えたが、今年の夏も例年同様、蚊取り線香が一番かな。
蚊の波状攻撃を受けながら、そうゆう結論に至りました。

広告を非表示にする