前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

日銀のマイナス金利

お金を貸して金利を得るという行為は、資本主義経済の基本的な方法です。
でも今回の日銀が行った、マイナス金利というのは、お金を貸すと貸したお金が減ってゆくわけですね。
やっぱり、こんな方法は資本主義社会としては、間違った方法ではないかな。

経済というのは、とても正直なものだと思います。
今の日本で、昭和の成長期のようなインフレ経済にすることは、やろうと思ってもできません。
国民の年齢構成も少子高齢化が進み、成熟してしまった経済の中にありながら、インフレによる成長時代を作り出すということは無理がある。
そう思ってしまいます。

また、トリクルダウンによって、成長経済を作り出すことも難しい。
いまの企業は、いつ大きな経営的変化が起こるかもしれず、心配だから内部留保を増やす。
タカタのエアバッグの件や、東芝の経営不正なども、いつ自社で起こるかわからない。
商品を販売しても、いつリコールが発生するかもしれない。
だからそれらに備えて、利益資金は保留して使いません。

法人税を下げても、ほとんど効果はないでしょう。
これまで続いたデフレは、これまでの日本の経済を正直に映す鏡だったのです。
その正直な経済を、あれこれと、いじくりまわしてみても実体経済には逆らえない。

だから、今できることは、そのデフレという実体経済の中で、できるだけ多くの国民が幸せになれる方法を探す。
そのほうが理にかなっていませんか。
そうして、若きも含めて国民が幸せを享受できたら、年齢構成ピラミッドも変化を始める。
それを続けてゆくうちに、やがて底を打ちだしたら、自然にデフレからインフレに変化を始める。
いまは優しい経済をつくり、それを根気よく続けることが大事だと思います。

広告を非表示にする