読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前期高齢者になった男の戯言

死別で子供3人のシングルパパを経て前期高齢者になった男の日常

一人で年金生活

リタイヤした田舎の老人が、わずかばかりの年金でどう暮らせばいいのか?
というのが、今の自分に課せられたミッションだと思っている。

まずは己の身の丈に合った生活に切り替えること。
通勤の必要がなくなったので、マイカーを手放した。
買い物に行く手段として、バイクの原付二種の免許をとった。
そして中古のスクーターを買った。

天気のいい日を狙って、20キロ離れたスーパーの安売りの日に買い物をする。
冬は寒いので、ネットショッピングで送料無料の買い物をする。
スマートフォンはキャリア契約のないWifi接続で使う。
携帯電話はプリペイドのチャージをしないで、待ち受け専用にした。

生活用品と米、アルコールはネットショッピングでまとめ買いしよう。
食事に必要な野菜と肉、惣菜など生鮮食料は近くの小さなスーパーに行く。

65歳になったら年金が支給されるかと思って調べた。
しかし、支給が始まるのは3か月後になるらしい。
もし誕生日が7月5日だとする。
すると年金の支給はその次の月、8月分から計算される。
しかし、支給が始まるのは、10月15日になって、その時に8月と9月分が振り込まれる。
結局、3か月のタイムラフがあるということになる。

もし、自分が7月に死んだら、10月まで支給されるのだろうか。
そのときは、自分が死んだあとだから、どうでもいいけど。

男一人で子供三人を育ててきたわけだけど、仕事も転職が多かった。
給料も少なかったし、雇用保険の世話にもなった。
だから、おのずと受け取れる年金額も少ない。

次世代の子供たちが今の老人を支える年金制度だという。
その支えてくれる、子供達を苦労して育ててきた。
でも、支給額は満額もらえる人の半分ぐらいになってしまった。

老いたいまは、最低限の生活が送れたらそれでもいいと思っている。
節約生活もまた楽しいかも。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする