読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前期高齢者になった男の戯言

死別で子供3人のシングルパパを経て前期高齢者になった男の日常

スキーバスの事故について

僕が昨年まで働いていた職場。
そこでの仕事は、毎日送迎のために3時間から4時間ぐらい運転手をしてきた。
年齢も64歳となってくると、たまに睡魔が襲ってくる。
一瞬意識が途絶える時もたまに起こった。
睡魔に引き込まれるようなときがある。

そうゆうときは、すぐに窓を開けて車内の空気を入れ替える。
そして自分のほっぺたを叩いたりして、つねったりして意識を覚醒させる。
例えば運転中ではなくても、パソコンの前に座っているとき。
スッと、眠りに引き込まれる時もこの年齢になると体験した。

先のスキーバスの事故で思ったのは。
65歳の年齢で深夜徹夜で運転するなんて、危険すぎる。

それでなくても高速道路の運転で、まだ若いトラック運転手でさえ、起こる事故がある。
例えば、前の車が路側帯に止まっている。
すると、運転手はそのテールランプに引き込まれるかのように向かってゆく。

そして気がついた時は、ブレーキをかける余裕もなく追突してしまう。
年齢の若い人でもそうなのに、65歳の運転手が深夜運転するなんて。

そうすると、どうなるかは、わかりそうな気がする。
バスの乗客の人命を考えたら、簡単に運転を任せることはできないはずだけど。
この事故でそんなことを感じました。

そして、これまで65年間生きてきた運転手の亡骸の引き取り手はいなかったと聞く。
比べてバスの乗客の中には、21年生きて亡くなられた方の葬儀に1000人以上の弔問客があったらしい。

自分もまもなく65歳を迎えるわけだけど、この世のはかなさを感じる。
死んだら同じなんだけど。

このような事故の再発防止に対しては、もっと規制を強めてもいいと思います。
多くの乗客の命を預かる仕事だから。
そして、苦しい生活を送っている老いた人にも、もう少し手厚い手を伸ばして欲しいものです。


広告を非表示にする