前期高齢者でヤモメの下流老人の戯言

申し訳ありませんm(_ _)mペコリ、こんなブログで。

今年こそは、がお題です。

今週のお題「今年こそは」

この今年こそは、の最後の文字はハと読みません。

ワと読みます。

「は」と書いてあるのに「わ」です。

理由はよくわかりません。

今年こそは、こうしよう。

この「こそ」という言葉でわかることは、これまでもしようと思ったけど出来なかった。

だから、再挑戦しようという意味があるわけですね。

じゃあ、これまで挑戦してこなかった人はこのお題に答えを書けません。

そんな人はあまりいないと思いますが。

僕は老人ですので、そのあまりいない人であります。

だから、「今年こそは」の「こそ」を抜いて「今年は」にしたいと思います。

回りくどいイントロになりました。

今年はうちを出ます。

家出ではありません。

ちょっと旅に出ます。

家内が亡くなってから20年ほど、旅をしたことがありません。

乳飲み子を含めて3人の幼子をひとりで育ててきました。

だから、365日ほぼ20年間三度三度の飯をうちで作ってきました。

でも、今年は一番上の子供を訪ねて遊びにゆくつもりです。

この子は親思いで、旅行券を送るから遊びに来てと言ってくれます。

でもまだ学生のくせにと僕は返しています。

でも今年彼は、就活の内定が決まる予定です。

決まったら、お祝いに駆けつけるつもりです。

本当にいい子に育ってくれて、僕の小さな誇りになっています。

父と子が苦労に苦労を重ねてここまで成長してくれました。

お互いに感謝の気持が溢れている気がします。

あまり言葉は発しないけど、とてもいい子なんです。

感謝するしかありません。

涙っぽくなるのでこの辺にしておきます。

 

広告を非表示にする