前期高齢者になった男の戯言

申し訳ありませんm(_ _)mペコリ、こんなブログで。

仕事遍歴

これまで、いろんな仕事をしました。
電気関係の仕事もしました。
その時は自動車の部品を作る会社で働きました。
工場には工作機械が何百台も並んでいます。
それらの機械の維持管理をしていました。
もちろん電気関係部門での仕事。

工場の屋根裏には電線が張り廻られています。

その電線の上をスパイダーマンのように移動します。
その電線から、床の工作機械へ電気を送る作業です。
屋根裏の電線にまたがって、その電線の被覆を剥ぎ取ります。
そして、工作機械から伸びたケーブルをつなぎます。

工作機械のラインは止められないので、ケーブルの接続は生きたままやります。
自分の体に200ボルトの電気が充電しています。
でも一本ずつ作業するので電気は流れません。
肉体が帯電するだけです。
体がもし変なところに当たると、感電します。

たまに、頭がボケていてケーブルを電気が生きたままペンチで切ったりします。

すると、一瞬ショートスパークで目が見えなくなります。

ペンチを見ると、刃のところがそっくり無くなっています。

工作機械はときどき異常をきたします。
部品の金属を切削するために油を使っていますので、たまに漏電します。
漏電すると、電気は異常な流れをします。
そうすると、工作機械は信じられない動きをしたりします。
その漏電箇所を見つけたりするのも仕事でした。

病気と一緒で、毎回同じ症状が出るとわかりやすいのですが。
ときどき故障するというのは原因をつかみにくい。
工場の中は、切削油の蒸気で満ちています。
そこで働く作業員たちは、自分たちのことを油虫と呼んでいました。
焼入れ、鍛造、鍍金、プレス、様々な部門がありました。
それらの電気に関する作業を一手に引き受けていました。
ここでの仕事は今でもいい経験になりました。
その後の仕事には、役には立っていませんけど。

広告を非表示にする