読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前期高齢者になった男の戯言

死別で子供3人のシングルパパを経て前期高齢者になった男の日常

またしても、悲惨なテロが起こりました。

パリで起きたテロ事件をニュースで見て、まるで9.11のようだ。
そう思いました。
米国の事件では、どうしてこれほどまでに米国は嫌われるのか?
そういった意見もあったけど、その理由は見つかったのだろうか。
今回のパリのテロでも、どうしてフランスは彼らの標的に選ばれたのか。
フランスが何をしたのだろう。

ただ彼らテロ犯はやりやすい場所だからパリを選んだのか。
それとも、もっと違う理由があったのか。
テロ犯の崇める神を侮辱した、風刺した、新聞社が存在するから。
それが理由の一つになったのか。

テロ犯たちの命をかけたテロ行為の奥深いところに何があるのか。
日本を含めた先進国はやれハロウインだ、クリスマスだと浮かれて良いのだろうか。
世界で広がった格差にどれほど本気で取り組んでいるのだろうか。

グローバル世界ではより容易に、その格差を認識できるようになった。
この世界はおかしい、狂っている。
そう思う若者たちが実際に存在している。
そんな彼らが神を信じて、命をかけてテロ化する。

そんな彼らを力で押しつぶすことはできないだろう。
力で対抗すればするほど、反発力も増してくる。
世界の首脳たちが、彼らと対話することはできないのか。
まずはテロに停戦を持ちかけてみることはできないのか。
話の通じる相手ではないのだろうか。
世界の知恵を集めてもできないことなのか。

テロが世界中に拡散する前に。
人類を進化させるために。

 

 

広告を非表示にする