前期高齢者になった男の戯言

申し訳ありませんm(_ _)mペコリ、こんなブログで。

シェーバーが壊れた。

f:id:unzuru:20151025102332j:plain

今朝髭を剃ろうと思って、シェービングのスイッチを入れた。
すると、うんともすんとも言わない。
このところ電池の持ちが悪いとは思っていた。
仕方ないので、毎日コンセントに刺したまま、ほぼ常時充電していた。
これがやっぱり良くなかったのかもしれない。

しょうがないので、髭を剃るのはやめた。
しばらくは、ひげを伸ばしてみよう。
そう思いました。
でもね、髭剃りはやっぱり必要だろうと思って注文しました。
僕は小物を買うときは、まず価格ドットコムのサイトで探します。
そこで人気のある商品と、値段もチェックします。
もうリタイヤした身なので、高品質のものは必要としません。

以前のシェーバーは充電式でした。
でも充電式はいつかは寿命が来ます。
だったら、市販電池のほうが長く使えます。
ということで見つけたのがこのシェーバーでした。
値段はたったの1000円です。
明日には届くはずです。

つくづく世の中は便利になったもんだと思うこの頃。
そのうち、ドローンが飛んできて玄関先に置いてあったりして。

気候も寒くなってきました。
これからの生活に欠かせないのは、暖房ですね。
むかし団地に住んでいたころは、快適でした。
というのも、上の階も、下の階も、横の階も全部に囲まれていました。
だから断熱効果がすごくよかった。
ほとんど燃料費などがいらなかった記憶が残っている。

できることなら、今の土地家屋を全部処分して、むかしの団地に住みたい。
標高の高いところにあったあの団地は、夏は涼しく、冬は暖かかった。
家族みんなが幸福に生活していたから、ただの郷愁なのかもしれないけど。

独りになったから、どこか南の島にでも移住できたらいいかも。
でも今の生活環境はおいそれと処分できそうもないし。
時々、子供が帰省しても、今の自分一人じゃもてなすこともできない。
そんな時がつらいと思う。

 

広告を非表示にする