読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前期高齢者になった男の戯言

死別で子供3人のシングルパパを経て前期高齢者になった男の日常

ある思いで。

あれは丁度、三人の子供を育てている最盛期の頃だった。
いつもの通り仕事を終えて、さて今日の夕食は何にしようかな。
そう考えながら、夕食の材料を買うためにスーパーマーケットに寄った。
すると、スーパーの棚に並んでいる材料を選んでいる僕の前に。
一人の女性がきて僕の行く手を遮った。

それは周囲の生活感のある人たちとは明らかに違っていた。
彼女はきれいな柄のワンピースを着ていた。
髪形や容姿もきれいな人だった。
そして表情はニコリともせずに緊張の面持ちだった。
それをみて、どうしたんだろうと僕は思った。

周囲の目もあったから僕は向きを変えた。
邪魔にならないように、別の商品のコーナーに向かった。
するとまた、僕の前に立ちはだかってきた。
私をよく見てと言っているかのようだった。

僕は三人の子供が、ツバメのひな鳥ではないが、大きな口を開けて僕の帰りを待っている。
だから、申し訳ないと思いながら、また無視を続けた。
そうこうするうちに、いつの間にか彼女の姿はなくなっていた。

いま思うと、あの彼女の行動には、どんな背景があったのだろうか。
パートナーの人が浮気をしたので、自分も仕返しをしようと思ったのだろうか。
その辺のところは、僕の知る由もないけど。
もし、いまこうして子育ても終わったときなら、どう対応しただろうか。

彼女を見て、ニコッと笑ってこう言ったかも。
「今夜のメニューは決まりました?」
でもあの時の彼女はスーパーの籠も持っていなかった。
よっぽど切羽詰まった状態だったのだろうか?

今までたった一度しか体験しなかった、思い出である。

広告を非表示にする