読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前期高齢者になった男の戯言

死別で子供3人のシングルパパを経て前期高齢者になった男の日常

マイブーム

時々早朝ウオーキングをしています。
で、今日もほぼ1時間かけて歩いてきました。
できるだけ車の通らない道を選んで、歩きます。
500mlのペットボトルに水を入れて、時々飲みながら歩いています。

田舎の道ですから、ほとんど人に出会いません。
僕も田舎はプライバシーが保ちにくいので、会わないほうが助かります。
だいたい朝、起きる前に、今日の散歩コースを頭の中で考えます。
できるだけ、犬に吠えられないコース。

人の目につきにくいコースとか。
いろいろ考えて歩くと、見つかりました。
この先通り抜けできません。
そうゆう看板のある道を見つけました。

通り抜けできないということは、ほぼ車が通る恐れはない。
どこまで続くのか、確かめてみよう。
そうやって歩き続けたのですが、30分ぐらい。
それでも、行き止まりにはならない。

結局途中で折り返してきました。
途中廃屋があったりの、ちょっと怖いような山道。
男だから、こうして歩けるのかも。

ひょっとしたら今の季節。
スズメバチに遭遇したらやばいかも、そんな山道でした。
今日はこれまでにして、今度はもっと先まで歩いてみよう。
そう思いながら今日のウオーキングは終了しました。

やっぱりウオーキングが終わってからの気分は、何物にも代えがたい。
けだるさの中に、活気がみなぎるというような。
変な気分でした。

広告を非表示にする