前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

健気さ

弱いものが強いものに真正面から挑む。
そうです、まだあのラグビーの余韻に浸っています(^^)/
どう見ても勝てるわけがないという弱小チームが、まじめに全力を出して挑む。
そして、ひょっとしたら、明らかに弱いと思われていたチームが勝つかもしれない。
そんな戦いを見ていると、どうしても弱いほうに応援したくなる気持ちに国境はない。
そう思いましたね。

あの試合の終盤はジャパンコールがこだましていました。
競技場にいるほとんどの人、そればかりか屋外でモニターを見ている人たち。
みんなが興奮しながら、ジャパンを応援してました。
そしてまさかの逆転したときのあの歓声とどよめき。
今でもあのシーンを思い出すと鳥肌もんです。

あれから感じたのは、人間はなんでも善悪で物事を判断する訳じゃないのかも。
そう思えるのです。

人の心を動かすのは、健気さではないでしょうか。
真面目に誠実に正面から取り組めば見えること。
小細工をしたり、脅したり卑怯なこともせずに静かにコツコツと前に進む。
重量も体格も体力も、どう見てもかなわないと思える相手に、そのような態度で挑む。
これこそが人の心を揺さぶるのですね。

こんなことはそれこそ、日常の生活の中にもありますね。
寡黙で大変な苦労をしながら働いているひと。
時々にさわやかな笑顔をチラッと見せたりするひと。
そんな人はあなたのそばにいませんか。
そんな人に僕も心を揺さぶられます。
性別を問わずに。

そしてそんな人に憧れます。
できるだけ見習いたいですね。

 

広告を非表示にする