前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

睡眠

近頃深夜に目が覚めてしまう。
そういえば亡くなった親父も、夜眠れなくて困っている、とつぶやいていた。
誰でも老いてくるとそうなるのだろうか。
でも考え方によっては、しかたのないことだと思う。
多分、老いたらそんなに睡眠時間を必要としていないのじゃないだろうか。
これまで眠れなくて亡くなったという話は聞いたことがない。

眠れなくて困っているのなら、起きていればいいじゃないか。
そして、眠くなったら眠ればいい。
ということで、今ブログを書いているところだ。
むかし、ひとりで三人の子育てをしている時に、知ったことがあった。
人間は眠りっぱなと朝方だけ眠ればいいということだった。
あとの中間は起きていてもだいじょうぶ、ということだった。

多分睡眠というものは、気にすればするほど眠りにくいような感じもする。
だからしばらく起きていることにします。

僕のブログはジャンルがない。
過去の記事を読んで分類してもいいのだが、多分分けられないはず。
優秀な人達のブログは、焦点がしっかりしていて、分かりやすい。
自分で書いた過去のブログにもリンクを張ったりされている。
いつも感心しながら、読まさせていただいています。

でも僕のブログは頭の悪い人間が思いついたことをダラダラと書くだけ。
だから、さぞかし読まれる方も疲れるのではないかと思うのだが。
申し訳ない。
まぁ、世の中にはいろんな人間がいるということで許して下さい。

最近思うことに、なんとこのネットの中にはいろんな考えの人がいるもんだ。
そう感じます。
だから、とても勉強になるわけですが。
それほど多様な価値観が存在しているということは、やっぱり民主主義というものは偉大だ。
そんなことを思います。
急に飛んでしまいましたが。
いくら天才でも、この多様性には勝てないでしょう。

もちろん決めるのに大変な時間も必要としますが、時間をかけるほどいいものが出来上がる。
のかもしれません。
今回の安保法制にしても国民の選挙を利用した民主主義が決めたことになる。
大きな決断であるほど、もう少し時間をかけるべきだったのかもしれませんが。
そんなことをつらつらと浅薄な脳みそで思いました。

 

広告を非表示にする