前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

昨日で終わった。

勤労の義務を放棄した。
今日からは自分のやりたいことをやればいい。
あなたに指示を与える人はいない。
でも、結果は自己責任だ。

清貧に生きるにはどうすればいいのか。
自分の周りから品物を廃棄したいが、あまりにも多すぎる。
一生を終える頃には、ほとんど何もない環境で死のう。

決めることが出来るのは自分一人。
一輪車って幾らぐらいするのかな。
この一輪車に捨てるものを積んで、ゴミ捨て場にあしげく通えばいい。
何年か経てば少しは片付くような気がする。

最低限必要なものの中で暮らしたい。
子供たちの思い出は、心の中だけに仕舞っておけばいい。
妻の遺品ももういらない。

我欲も全部昨日で終わった。

広告を非表示にする