前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

日常あったことなど

ウォーキングのこと

早朝ウォーキングをどうにか続けている。
たしかに朝まだ暗いうちに布団から抜け出すとくことはつらい。
パートナーがいたら二人で始めればいいのだろうけど。
でも一人だから誰にも相談もせずに、自分のわがままで始められたということもできるかな。

ウォーキングで一番困るのが、番犬じゃないかな。
急に吠えっれると、自分も驚くけど、近所の多くの人に迷惑がかかるし。
だからウォーキングコースに一番気を使う。

いま歩いているところは、うちから近くの空き地だ。
その空き地の周囲を何かいも早足で歩く。
だいたい歩き始めて15分ぐらいしてくると体が温もってくる。

あとはその状態を続けると、もう完全に寒さを感じなくなる。
そして空も少しずつ明るくなってきて周囲の景観が判別できるようになる。

ただ一人で暗闇を歩くのではなく、耳にはイヤフォンをしてラジオを聞きながら歩く。
誰一人としてで合う人もいないし、犬に吠えられることもない。
自分だけの空間を独り占めにしている。
そんな時を密かに贅沢に感じている。

退職後のこと

先日失業給付金の説明会がありました。
ほとんど知識としてわかっていることでしたが、復習のつもりで聞いていました。
そしてDVDの鑑賞に移りました。
画面では女性が軽快なBGMのなか、説明をしてゆきます。
そして突然BGMも途絶えて、強面の男性が現れ、どすの利いた声で現れました。
すると、それからは不正受給の説明が始まりました。

これを聞いていて吹き出したくなったのは僕だけだったのかな。

さあ、あと認定日までに、求職活動をしなければないません。
ひょっとすると、求職活動をしっかりすると受給期間が増えそうなことも言われたような。
今度確認してみたいです。

広告を非表示にする