前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

知らなかった、カイユボットって。

特別お題「芸術の秋」ブリヂストン美術館「カイユボット展」キャンペーン!>

http://htn.to/ceAmRp

印象派で知っている画家は、ほんの一部だったのか。

絵画の分野での表現の仕方はピカソで終わった。

そういった人がいた。

ということは、これから印象派の画家やピカソを超える人は出てこないということか。

クラッシックの音楽の世界でも、あの巨匠たちを超える作曲家ももう出てくることはないということになるのだろうか。

小説家ではどうなるのだろうか。

教科書で習ったあの作家たちを超える作家はもう出てこないかもしれない。

それほど時間の古いものは貴重であるということかもしれない。

しかしゴッホにしても、まさか自分の作品が過去にこれほどまでに評価されるなんて考えたこともないだろう。

彼の場合は、作品と己の人生とが共鳴しあって作品の価値を創りだしたのではないだろうか。

もしあのひまわりにしても、ゴッホでない別の平凡な画家が書いていたとしたらあそこまで作品の評価が上がったのだろうか。

芸術の秋、真の芸術とは結局は自己満足でいいと思う。

それを評価するのは過去の人だから。

 

広告を非表示にする