前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

恥ずかしいお題をいただきました。

秋の夜長は読書とブログ

秋の夜長は読書感想文をブログに書こう。

何が恥ずかしいのかというと、このところ読書をしていません。

その機会は青空文庫とか、ネットの中なども探せばいくらでもあるのでしょう。

しかし読書をしていないのです。

住んでいるところも田舎で、書店も無い。

と言うのもいい訳めいていて、金さえ払えばアマゾンでもどこでも買えるのですが。

もしそれなりの年代の普通の方なら、晴耕雨読と言う楽しみを楽しむこともできるでしょう。

しかし私の場合は、それもままならない状況におかれているような気がします。

しかし、今月末で仕事を辞めることになりますので、それからはできるだけ読書を楽しみたいと思います。

週に一度は図書館に行って、ネットで調べたものを借りてこようと画策しています。

せめてこころを豊かに、黄昏に向かって一歩ずつ歩き出そうと思っています。

 

広告を非表示にする