前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

リタイヤの時

たぶんもうこれから労働に就くことはないと思う。

というより、こんな年寄りに新しい仕事は見つからないだろうと思っている。

しかし、65歳まで収入がなくても大丈夫だろうか?

 

貯蓄も殆ど使ってしまっているし。

エクセルを使って予算を立ててみたところ、いま以上の出費がなければどうにかなるかもしれない。

というより、今の家計をもっと切り詰めなければならないだろう。

もちろん消費税が3%も上がることになると、いまよりもっと切り詰めなければならない。

 

もしも、家電が壊れたら買い替えはできない。

炊飯器が壊れたらガスで炊飯しなければならないだろう。

洗濯機が壊れたら風呂場で洗濯するつもりだ。

一番困るのが冷蔵庫の故障になるけど、そうなったら乾物や缶詰を使った食事に切り替えようと思う。

テレビはもう見たいと思う番組も殆ど無いから大丈夫。

 

一番気がかりなのは、高校2年生の次男のことだ。

この子が高校を卒業するまでは車は手放せない。

時々、送迎しなくてはならない時があるから。

もしこの家で一人になったら車も手放して、スーパーカブにしてもいいなと思っている。

 

でも男手一つで3人の子供を育てることができそうだということだけで、僕の人生は幸せだったのかもしれない。

金も名誉も女性も何もない人生だったけど。

どうにか子どもたちが成長して、ちゃんとした大人になってくれそうだというだけで。

これ以上何が要るんだ。

つくづく近頃そう思う。

 

広告を非表示にする