前期高齢者になった男の戯言

案ずるより、生むが易し、妻死別で子供3人のシングルパパを経て気づいたら前期高齢者になった男のブログ

ブログを書くある一つの意味。

これまで家内を亡くして十数年暮らしてきたわけだけど。

いくら孤独に慣れていても、時には誰かに話しかけたいのだろう。

もちろん目の前にいるのは三番目の子供だけだけど。

子供じゃ話し相手にならない。

それも思春期の男の子ときている。

家庭の中は索漠とした空気が漂うし。

だからこうしてどこの誰かも知らない、なんの関係も持たない人の小耳に聞こえたらそれでいいと思う。

相槌はいらないし、共感もいらない。

ただ、ああ世の中にはこんな人もいるんだなぁ。

そう思ってもらえさえすればいい。

この歳になると、音楽も、アニメも、ゲームも僕には必要なくなってしまった。

だからこのネットの中を大きく占める若者たちについて行けない。

無理について行く必要もないけど、少しは理解できる存在でありたい。

一時、シニアが集うブログサイトに行ったりしたけど狭いと感じた。

せっかくグローバルなネット社会であるなら、その広さを感じたい。

そこには老若男女がいて、知り合えたものが一時的にでもつながればいい。

そう思ったから、ブログを続けようと思う。

広告を非表示にする